資格・検定大辞典 資格カレンダー 国家公務員試験日程
現在の位置:資格・検定大辞典 » 外国語・留学系の資格 » 資格の詳細 订阅RssFeed

全国通訳案内士

  • 2019-03-20収録日
  • 2019-03-26更新日
全国通訳案内士
  • 実施機関URL:https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_suppor
  • 資格の概要:全国通訳案内士試験は、全国通訳案内士として必要な知識及び能力を有するかどうかを判定することを目的として毎年1回実施されます。JNTOは観光庁の代行機関として、国家試験である全国通訳案内士試験を毎年度実施しています。
    <通訳ガイド制度> 平成30年1月4日より改正通訳案内士法が施行され、通訳案内士は「全国通訳案内士」(英語表記:National Government Licensed Guide Interpreter)となるほか、通訳案内士の業務独占規制が廃止され、資格を有さない方であっても有償で通訳案内業務を行えるようになるなど、通訳案内士制度が大きく変わりました。
    ◆試験の有無◆

    難易度

    ◆オンライン受験◆

    ◆学習期間◆
    数カ月~数年
    ◆受験資格◆
    年令、性別、学歴、国籍その他の制限はない。
    ◆受験料◆
    11,700円二カ国語受験の場合は23,400円)
    ◆合格率◆
    9.8%(2018年)
    ◆試験内容・科目◆
    1次試験の受験必須科目
    ・外国語(英語など)
    ・通訳案内の実務
    ・日本地理
    ・日本歴史
    ・一般常識

    2次試験 2次試験は大きく分けて、「日本文化に関するプレゼン」の問題と、「外国語訳」問題、そして「実際のガイド現場で求められる知識や対応に関する質疑」の3セクションに分かれます。
    ◆試験日程◆
    一次筆記試験:2018年度は8月19日(日)
    二次口述試験:2018年度は12月 9日(日)
    ◆試験会場◆
    一次筆記試験
    札幌市、仙台市、東京近郊、名古屋市、大阪近郊、広島市、福岡市、沖縄県、ソウル市及び台北市
    二次口述試験
    2018年度は12月9日(日)※筆記試験に合格した者が対象 英語、中国語、韓国語については東京近郊、大阪近郊又は福岡市
    (英語、中国語又は韓国語の受験者で筆記試験を東京近郊、大阪近郊又は福岡市で受験した者は当該受験場所と同一の地域で口述試験を受験しなければならない。)
    英語、中国語、韓国語以外の外国語については、東京近郊
    ◆合格発表日◆
    2018年度実績
    筆記試験:2018年11月 8日(木)
    口述試験:2019年 1月22日(火)10:00
    ◇最終合格発表(郵送)および合格者発表(官報): 2019年 2月 8日(金)
    ◆願書受付期間◆
    5月25日(金)~6月25日(月) ※2018年度
    ◆実施機関・問い合わせ先◆
    日本政府観光局(JNTO)
    〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1

  • ☞ご注意:掲載中の資格試験情報等は、2019-03-26現在のもので、ご利用の際は必ず実施機関のウェブページなどでご確認やお問い合わせを行ってください。
  • TAG:国家資格,女性,さ行