資格・検定大辞典 資格カレンダー 国家公務員試験日程
現在の位置:資格・検定大辞典 » 独立・開業系の資格 » 資格の詳細 订阅RssFeed

司法試験

  • 2018-08-15収録日
  • 2019-03-26更新日
司法試験
  • 実施機関URL:http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index1.html
  • 資格の概要:司法試験は、裁判官,検察官又は弁護士となろうとする者に必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定する試験であり,法科大学院課程における教育及び司法修習生の修習との有機的連携の下に2006年から実施されています。
    試験は,短答式(択一式を含む。)と論文式による筆記の方法により行われます。短答式試験と論文式試験は同時期に行われ,受験者全員が両方の試験を受けることになります。なお,口述試験は行われません。
    ◆試験の有無◆

    難易度
    超難
    ◆オンライン受験◆

    ◆学習期間◆
    3年以上
    ◆受験資格◆
    司法試験の受験資格は,法科大学院の課程の修了又は司法試験予備試験(以下「予備試験」といいます。)の合格により得られ,受験期間は受験資格を取得した日後の最初の4月1日から5年間です。なお,司法試験法の一部改正(2014年10月1日施行)により,受験期間内に受けることができる回数の制限(5年の期間において3回)が廃止されました。
    ◆受験料◆
    28,000円
    ◆合格率◆
    25%~上位から一定の人数が合格となるため、毎年合格基準点は変動します。※受験資格が必要なため決して高い合格率ではありません。
    ◆試験内容・科目◆
    短答式試験:
       憲法
       民法
       刑法
    論文式試験:
       公法系科目 (憲法及び行政法に関する分野の科目)
       民事系科目 (民法,商法及び民事訴訟法に関する分野の科目)
       刑事系科目 (刑法及び刑事訴訟法に関する分野の科目)
       選択科目   (倒産法,租税法,経済法,知的財産法,労働法,環境法,国際関係法〔公法系〕,国際関係法〔私法系〕のうち受験者のあらかじめ選択する1科目)
    ◆試験日程◆
    例年5月中旬頃の4日間で実施。
    2019年は、5月15日(水),16日(木),18日(土),19日(日)
    ◆試験会場◆
    2019年司法試験の試験地は,札幌市,仙台市,東京都,名古屋市,大阪市,広島市及び福岡市です。試験場については例年、1月ないし2月頃に官報及び法務省ホームページで公表します。
    ◆合格発表日◆
    例年9月上旬頃に発表されます
    ◆願書受付期間◆
    例年11月下旬から12月上旬頃の受付となっています。
    ◆実施機関・問い合わせ先◆
    法務省
    〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
    電話:03-3580-4111(代表) ◆活かせる仕事◆
    司法試験合格後は、大半が弁護士の道に進みます。弁護士事務所などで、数年間実務経験を積み、独立開業するケースが一般的です。企業の法務部門や官庁などで、法律のスペシャリストとして活躍している人もいます。

  • ☞ご注意:掲載中の資格試験情報等は、2019-03-26現在のもので、ご利用の際は必ず実施機関のウェブページなどでご確認やお問い合わせを行ってください。
  • TAG:国家資格