資格・検定大辞典 資格カレンダー 国家公務員試験日程
現在の位置:資格・検定大辞典 » 独立・開業系の資格 » 資格の詳細 订阅RssFeed

公認会計士

  • 2018-08-17収録日
  • 2019-03-26更新日
公認会計士
  • 実施機関URL:https://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shike
  • 資格の概要:公認会計士試験の受験者は、まず、年2回(12月及び5月)実施する短答式試験(マークシート方式)のいずれかに出願します。その後、短答式試験合格者及び短答式試験免除者は、年1回(8月)実施する論文式試験を受験します。論文式試験に合格すると、公認会計士試験の合格証書が授与(郵送)されます。
    各試験年のスケジュールについては、12月頃に翌年試験のスケジュール(予定)を審査会ウェブサイトで公表しています。また、6月頃に前年12月頃に公表したスケジュールの確定版を同ウェブサイトで公表しています。
    ◆試験の有無◆

    難易度
    超難
    ◆オンライン受験◆

    ◆学習期間◆
    2~4年
    ◆受験資格◆
    受験資格の制限はありません。年齢、学歴、国籍等にかかわらず、どなたでも受験することができます。
    ◆受験料◆
    19,500円
    ◆合格率◆
    最終合格率は6%~20%と開きが大きい。ここ数年は10%強
    ◆試験内容・科目◆
    短答式試験の試験科目は、財務会計論、管理会計論、監査論及び企業法の4科目です。  論文式試験は、会計学、監査論、租税法、企業法及び選択科目(経営学、経済学、民法、統計学のうち、受験者があらかじめ選択する1科目)の5科目です。
    ◆試験日程◆
    例年、第I回短答式試験を12月上旬に、第II回短答式試験を5月下旬に、論文式試験を8月下旬に実施しています。  なお、各試験年のスケジュールについては、12月頃に翌年試験のスケジュール(予定)を審査会ウェブサイトで公表しています。また、6月頃に前年12月頃に公表したスケジュールの確定版を同ウェブサイトで公表しています。
    ◆試験会場◆
    東京都、大阪府、北海道、宮城県、愛知県、石川県、広島県、香川県、熊本県、福岡県、沖縄県の11都道府県が試験地です。試験地は、受験者の住んでいる場所に関係なく、選択することができます。  なお、上記のほか、公認会計士・監査審査会が指定する場所においても試験を実施することがあります。
    ◆合格発表日◆
    第I回短答式試験については1月中旬に、第II回短答式試験については6月下旬に、論文式試験については11月中旬に合格発表を行っています。
    ◆願書受付期間◆
    例年、第I回短答式試験を12月上旬に、第II回短答式試験を5月下旬に実施しており、それぞれの試験の願書受付期間は、試験実施日の約3か月前にあたる9月頃及び2月頃となります。
    ◆実施機関・問い合わせ先◆
    公認会計士・監査審査会
    〒100-8905 東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館
    TEL:03-3506-6000 ◆活かせる仕事◆
    監査法人や会計事務所、コンサルティング会社などが主な職場です。独立開業をする場合は、税理士登録も行い、公認会計士の業務に加え、税理士業務を取り扱うケースが目立ちます。

  • ☞ご注意:掲載中の資格試験情報等は、2019-03-26現在のもので、ご利用の際は必ず実施機関のウェブページなどでご確認やお問い合わせを行ってください。
  • TAG: