資格・検定大辞典 資格カレンダー 国家公務員試験日程
現在の位置:資格・検定大辞典 » 健康・癒し・心理系の資格 » 資格の詳細 订阅RssFeed

産業カウンセラー

  • 2019-06-14収録日
  • 2019-06-26更新日
産業カウンセラー
  • 実施機関URL:https://www.counselor.or.jp/
  • 資格の概要:土地家屋調査士は、以下の業務を遂行することにより、不動産の状況を正確に登記記録によって不動産取引の安全の確保、国民の財産を明確にするといった極めて公共性の高いものです。
    1.不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること。
    2.不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること。
    3.不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること。
    4.筆界特定の手続について代理すること。
    5.土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること
    土地家屋調査士になるには、例年10月第3週の日曜日に実施される「土地家屋調査士試験」に合格する必要があります。土地家屋調査士試験は、筆記試験と口述試験(筆記試験の合格者が対象です)に分けることができます。さらに、筆記試験は、「午前の部」と「午後の部」に分けることができます。測量士、測量士補、一級・二級建築士の資格を所有していれば、「午前の部」の試験が免除されます。土地家屋調査士になられる多くの方は、「午前の部」を免除されて合格しています。「午後の部」の試験内容は、民法、不動産登記法、土地家屋調査士法などから択一方式(5択)で20問、書式問題として2問(土地、建物)出題され、2時間30分という時間内に解答する試験です。
    ◆試験の有無◆

    難易度
    超難
    ◆オンライン受験◆

    ◆学習期間◆
    1000時間が目安
    ◆受験資格◆
    年齢、性別、学歴等に関係なく、誰でも受験することができます
    ◆受験料◆
    収入印紙8,300円
    ◆合格率◆
    ここ数年は8%台(2017年度は8.7%)で推移
    ◆試験内容・科目◆
    筆記
    午前の部:平面測量10問/作図1問
    午後の部:
    [択一]不動産登記法・民法他から20問
    [書式]土地・建物から各1問


    口述
    1人15分程度の面接方式による試験

    ◆試験日程◆
    筆記:10月第3週の日曜日 口述:翌年1月第3週目(筆記試験合格者のみ)
    ◆試験会場◆
    東京、大阪、名古屋、広島、福岡、那覇、仙台、札幌、高松の全国9会場
    ◆合格発表日◆
    筆記試験:翌年1月
    最終合格発表は翌年2月中旬、口述試験合格者に対し行われます
    ◆願書受付期間◆
    7月下旬~8月中旬 各都道府県(地方)法務局で配布・受付
    ◆実施機関・問い合わせ先◆
    法務省
    〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
    電話:03-3580-4111(代表)
    ◆活かせる仕事◆
    合格後は、司法書士事務所を設立し、不動産登記や商業登記の仕事をするケースが目立ちます。企業内では、法務部門など法律や契約に関連するセクションで、資格を活用することができるでしょう。

  • ☞ご注意:掲載中の資格試験情報等は、2019-06-26現在のもので、ご利用の際は必ず実施機関のウェブページなどでご確認やお問い合わせを行ってください。
  • TAG:民間資格