公認心理師

公認心理師試験 「コ」で始まる資格
公認心理師試験の概要と合格者による体験談

今日,国民の心の健康問題は,複雑かつ多様化しており,それらへの対応が急務となっています。
これらの問題に対し,他の関係者とも連携しながら心理に関する支援を行う国家資格がわが国にはありませんでした。
さまざまな経緯の後,平成27年9月9日に公認心理師法が成立し,平成29年9月15日に施行され,わが国初の心理職の国家資格として,「公認心理師」制度が推進されることになりました。
公認心理師が行う業務について公認心理師法では以下のように定めています。
「保健医療,福祉,教育その他の分野において,専門的知識及び技術をもって,
1.心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し,その結果を分析すること。
2.心理に関する支援を要する者に対し,その心理に関する相談に応じ,助言,指導その他の援助を行うこと。
3.心理に関する支援を要する者の関係者に対し,その相談に応じ,助言,指導その他の援助を行うこと。
4.心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。」

受験資格:複雑な仕組みになっていますが、次のリンク先でご確認ください。
受験資格取得ルート

受験料:28,700円

合格率:70~80%

試験日程:
8月4日(日曜日)※2019年度実績

試験内容・科目:
試験範囲:
公認心理師として具有すべき知識及び技能

試験会場:北海道,宮城県,東京都,愛知県,大阪府,岡山県,福岡県

合格発表日:9月13日(金)(2019年度実績)

願書受付期間:2019年4月17日(水)から2019年5月17日(金)(消印有効)まで
※2019年度実績

実施機関・問い合わせ先:
一般財団法人 日本心理研修センター
〒112-0006 東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷10階

資格登録について:
資格取得後,公認心理師としての業務に従事しようとする方は,登録を受けなければなりません。
タイトルとURLをコピーしました