危険物取扱者

危険物取扱者 「キ」で始まる資格
危険物取扱者試験の概要と合格者による体験談

一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければいけません。
甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。又甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができます。
丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検ができます。

就職に有利な資格です!

受験資格:乙種、丙種は誰でも受験できますが、甲種危険物取扱者試験を受験する場合は一定の条件があります。(甲種の受験資格

試験内容:
①甲種:すべての危険物が取扱可能
②乙種:1~6種に分かれ、それぞれで免許が異なります
③丙種:4類のうち特定な危険物のみ取扱可能
※特に乙種4類(乙4)では、可燃性液体(ガソリン、軽油、灯油、重油)など生活に身近な石油類を取り扱う資格として受験者が多く、人気の資格の一つとなっています。

実施機関・問い合わせ先:
一般財団法人消防試験研究センター(本部)
〒100-0013
千代田区霞が関1-4-2大同生命霞が関ビル19階
TEL:03-3597-0220
FAX:03-5511-2751

活かせる仕事:

  • ガソリンスタンドの従業員
  • 消防士
  • ビルの設備管理スタッフ
  • 化学工場の従業員
  • タンクローリーのドライバーまたは同乗者
タイトルとURLをコピーしました