過去問

「シ」で始まる資格

情報処理安全確保支援士

サイバーセキュリティリスクを分析・評価し、組織の事業、サービス及び情報システムの安全を確保するセキュリティエンジニアや、技術・管理の両面から有効な対策を助言・提案して経営層を支援するセキュリティコンサルタントを目指す人のための資格です。 ...
「カ」で始まる資格

画像処理エンジニア検定

「画像処理分野」の開発、設計に必要な知識の習得を評価する検定である。 画像処理エンジニアの役割 求められる役割とスキル:産業や学術分野のさまざまな領域において、一定の条件(開発目標・システム環境・予算・作業工程・コストなど)のもと、...
「シ」で始まる資格

システムアーキテクト試験

情報処理技術者試験の一区分である。システム開発の上流工程を主導する立場で、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く、上級エンジニアを目指す方に最適です。 対象者像:高度I...
「コ」で始まる資格

個人情報保護実務検定

個人情報保護実務検定試験は個人情報保護法を良く理解し、企業などにおいて、個人情報を適法・適正に利用することができる知識の習得を目的としています。1級と2級があり、一般の方から企業人までを対象としており、どなたでも、どちらの級からでも受験する...
「ケ」で始まる資格

検索技術者検定

検索技術者検定(旧情報検索能力試験)試験の目的は、企業、大学、組織等において、研究開発やマーケティング、企画等のビジネスで必要とされる信頼性の高い情報を入手して活用できる専門家を育成することです。これらの高度なスキルを持った人材は、企業、大...
「コ」で始まる資格

コンピュータサービス技能評価試験

昭和58(1983)年度に「OA機器操作技能評価試験」という名称で技能評価試験を開始し、平成9(1997)年度に「コンピュータサービス技能評価試験」と改称し、現在は「ワープロ部門」、「表計算部門」、「情報セキュリティ部門」の3部門を実施して...
「キ」で始まる資格

基本情報技術者試験

対象者像は、「高度 IT 人材となるために必要な基本的知識・技能をもち,実践的な活用能力を身に付けた者」としている。 2000年度(平成12年度)までの名称が第二種情報処理技術者試験であったことから二種試験とも言われていた。 情報処...
「コ」で始まる資格

個人情報保護士認定試験

個人情報保護法の改正により、規模に関係なく全ての企業が個人情報保護法の対象となったことやマイナンバー制度の導入に伴い今まで以上に個人情報のセキュリティが重要視されるようになったことから、専門的見地から運用・管理、アドバイスを行う専門家の認定...
「オ」で始まる資格

応用情報技術者試験

情報処理の促進に関する法律第29条第1項の規定に基づき経済産業大臣が行う国家試験である情報処理技術者試験の一区分。 対象者像は「高度 IT 人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT 人材としての方向性を確立した者」。情報処理...
「エ」で始まる資格

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

情報処理技術者試験の一区分である。試験制度のスキルレベル4(スキルレベルは1~4が設定されている。)に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。対象者像は「組み込みシステム開発に関係する広い知識や技能を活用し、最適な組み込みシステム開発基盤...
タイトルとURLをコピーしました